【つみたてNISA】20代向け、初めての資産運用

皆さんこんにちは。この記事では、これから資産運用を始めてみたいと考えている方、その中でも20代の若い方に向けて、最初に知っておきたい「つみたてNISA」という制度を紹介します。私はつみたてNISAをはじめて1年半経っているので、その間の実績も公開します。

この記事で分かること

・「つみたてNISA」とは

・「投資信託」「インデックス運用」ってなに?

・実際もうかるの?

・どうやって始めるの?

つみたてNISAは、2018年にスタートした制度です。知名度は高いですが、比較的新しい制度ですね。この制度の最大の特徴は、「もうかっても税金取りません!」という点です。詳しく説明します。

年間40万円×20年=800万円 を非課税で運用できる

つみたてNISAでは、運用できる金額と年数に上限が決められています。それが年間40万円、最長20年で、合計800万円までです。この範囲内であれば、資産運用の結果利益が出ても税金はかかりません。

普通に株などで利益を出した場合の税率、ご存じですか?なんと20.315%です。つまり、同じ800万円を元手に運用して10%の80万円もうかっても、約16万円は税金でもっていかれてしまいます。つみたてNISAであれば、丸々全部が手元に残ります。初めての資産運用なら、この800万円の枠を使わない手はありません。

では、つみたてNISAの中身の部分を説明します。世の中に運用商品は様々ありますが、つみたてNISAで購入できるのは、ズバリ「投資信託」です。

投資信託とは、私たち投資家から集めた資金をひとつにまとめ、運用のプロが世界情勢に合わせて投資先をマネジメントしてくれる商品。堅実タイプからハイリスクタイプまで、種類は様々で迷ってしまいます。

そこで、運用初心者にまずおすすめなのが、「インデックス運用タイプ」。これは、メジャーな経済指標(インデックス)の上げ下げに連動して値動きすることを目指して運用されているものです。

メジャーな経済指標とは、日本であれば日経平均株価、アメリカであればNYダウ(アメリカの主要平均株価)などです。これらはTVでもネットでも、あらゆるメディアで日々取り上げられる数字なので、少し注意して見ておけば、自分の資産が上がったのか下がったのか確認できます。

つみたてNISAは初心者向けの制度なので、選べる投資信託はこのインデックス運用タイプが多いです。個人的には日本株よりアメリカ株をおすすめします。全世界株式なんてのもありますね。(あくまで投資は自己判断です!笑)

さて、重要なのは実際にもうかるのかどうかですよね。私は1年半前につみたてNISAを始めたので、これまでの実績を振り返ってみます。購入しているのはアメリカ株のインデックス運用タイプです。(NYダウと同じ値動き)

最もプラスの時:2020/02時点、累計積立54万円で利益約11万円。

最もマイナスの時:2020/03時点、累計積立57万円で損失約10万円。

現在:2020/05時点、累計積立63万円で損失約1万円。

つまりはコロナショックで振り出しに戻ったということです笑。インデックス運用は安定していて初心者向けとはいえ、10年にいちどの経済危機には巻き込まれます。これぞ運用のリスクですね。とはいえ積立運用は、ここで継続してこそ真価を発揮するものです。積立を継続する重要性についても、別の記事で書ければと思います。

最後に、つみたてNISAをどうやって始めればいいかについて、入り口だけ解説します。つみたてNISAは、銀行か証券会社で申し込むことができます。

最も手軽なのはネット証券でしょう。楽天証券やSBI証券が有名どこです。スマホから口座開設と申し込みができます。

給料受取口座のある銀行でも、窓口で申し込めます。資産をひとつに集約しておけば、毎月のお金の出入りが分かりやすいです。

申し込みの際は、基本的に免許証などの身分証、マイナンバー、銀行印が必要になることが多いので、申し込む金融機関ごとに確認しておきましょう。

世の中コロナショックで大変な状況ですが、つみたてNISAを始める上では発射台が低くていいかもしれません。また、資産運用を始めると日々のニュースや経済動向が気になって、自然と社会勉強になります。トランプさんのツイートでもうかったり損したりします笑。この機会に、資産運用の扉を開いてみてはいかがでしょうか!